普段の生活を自然体で過ごしたいなら自毛植毛を選ぼう

笑顔の男性

自毛植毛のメリットとデメリットに関して

自毛植毛とは、その名の通り自分の毛を毛根ごと移植する施術のことを言います。後頭部や側頭部に残っている自毛を、薄毛が気になっている場所に移植して髪の毛を生やします。自毛植毛の最大のメリットは、自分自身の毛を移植するため、拒絶反応や感染症の心配が無いことが挙げられます。また、人工植毛では髪の毛が伸びることはなく、時間が経てば抜けてしまいます。抜けた部分は再び植毛しなければいけないため、定期的なメンテナンスが必要となります。しかし自毛植毛の場合は、毛根が定着すれば自分の髪の毛としてきちんと伸び、抜ければ再度生えますので、メンテナンスの心配が無く経済的です。その反面、デメリットもあります。まず植毛できる毛に制限があります。自毛が少ない場合、広範囲を自毛植毛でカバーするのは難しい場合があります。また、移植元にメスを入れたり、チューブでくり貫いたりするので、目立たない程度ではありますが、傷跡が残ります。そして植毛の効果が出るまでに時間を要し、加えて自毛が根付かずに失敗に終わるというリスクも伴います。その点、人工植毛の方が目に見えて効果が現れ、確実性も高いと言えます。植毛を行う際は、それぞれ個人の事情と症状がありますので、自分自身にあった治療法をぜひ見つけてください。